1. 五月病とは

「五月病」とは、5月の連休後に起こることが多い体調不良などの症状をさすもので、みなさんもニュース等を通じて一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
学生時代や新人時代に、実際に体調不良になった経験のある方もいらっしゃるかもしれませんね。

4月は、入学や進学、就職や転勤など、新しい生活がスタートする方が多い時期ですが、人間関係の緊張や勉強や仕事へのプレッシャーなどから、知らず知らずのうちに心身の疲労が蓄積されている時期でもあります。
「もうすぐ連休だから、がんばろう」「連休前にこれが終わるよう、残業しよう」「連休になったら、とにかく寝よう」など、4月から5月にかけてはこのように思いながら仕事に向かっている方も多いことでしょう。

待ちに待った5月の連休は、時間を気にせず寝坊したり、夕方になってからのんびり外出したりと、自分のペースでゆっくり過ごすこともできれば、その逆に、早朝から深夜まで外出や旅行にと活動的に過ごすこともでき、それぞれ自由な時間を満喫できる期間です。

ところがたっぷりリフレッシュできたはずの連休後、「やる気がおきない」「だるい」「会社に行きたくない」などの不調が起きる場合があります。

このような5月の連休後に起きる身体的・精神的な不調が「五月病」とされており、以前は新入社員など若い社員に多く見られましたが、転勤や人事異動による環境変化の影響により中堅・ベテラン社員の方の「五月病」も決して少なくはないとされています。
長めの休暇の後、「やる気がおきないなあ…」と感じながら、いつものペースが戻ることもありますが、体調不良が長引いてしまう方もいますので注意が必要です。

2. もしかしたら五月病?

5月の連休後、原因となる病気などが思い当たらないのになんとなく体調が良くない、と感じる場合は、「五月病」かもしれません。

「五月病」の主な原因は疲労やストレスと言われています。
症状は「疲れやすい」「眠れない」「頭痛がする」「だるい」などの身体的なものもあれば、「やる気がおきない」「不安を感じる」「気分が落ち込む」といった精神的なものまでさまざまなものがあります。
思い当たる症状があるときは無理をせず、周囲に相談したり、早めに医療機関を受診することが大切です。

この記事をお読みの方で、新人教育や社員のメンタルケアを担当されているという方は、特にこの5月の連休前から連休後の時期は、新入社員や転勤してきた社員にいつも以上に気を配り、適切な声掛けなどをおこなうと良いでしょう。

みなさんが入社数年経過していて会社の業務に慣れている場合でも、ストレスが多い現代においては、誰でも「五月病」になる可能性があります。
「私は大丈夫」「ちょっと無理すればできる」「ここで休んで迷惑をかけたくない」などと思わずに、不調を感じたら早めに対処するようにしてください。

3. 五月病にならないための2つのポイント

「五月病」にならないために気を付けたい2つのポイントは、
①疲労をためない、がんばりすぎないこと
②自分に合ったやり方でストレスを上手に解消すること
といえます。

「五月病」が起きる大きな要因として「環境の変化」があげられます。
以下のような環境の変化があった場合は、気を張り過ぎていないか、がんばり過ぎていないか、一息つく時間を持つようにすると良いですね。

◎環境の変化の一例
・就職、転職
・異動、昇任
・転勤、転勤による転居、単身赴任
・職場の雰囲気の変化、人間関係の変化
・新たなプロジェクトへの加入
・生活リズムの乱れ(育児、介護などの影響)
・冬から春にかけての長時間残業
・テレワークの継続、テレワークの終了

現代においては、働き方改革や感染症拡大防止対策としてテレワークを実施している会社も多くありますが、テレワークによる社内コミュニケーション不足も「五月病」を見落とす原因になりかねません。
また、プライベートで大きな環境の変化があった場合も心身の調子に影響しますので、日頃から円滑な社内コミュニケーションを図り、可能な範囲でお互いの状況を知っておくことも大切です。

では「五月病」を防ぐために、どんなことを心掛ければよいのでしょうか?

「五月病」の症状は、ストレスや疲労から来る場合が多いので、まずはストレスや疲労を溜めないことが大切です。
「疲れたな」と感じたら疲労回復につとめ、自分にあったストレス解消法をみつけましょう。

4. おすすめのストレス解消法5選

①趣味に打ち込む
続けてきた趣味や好きなことをしましょう。
好きなことをしている時は、幸せホルモンといわれるセロトニンの分泌が活発になり、ストレスが緩和されると言われています。
忙しい毎日でもできるだけ趣味や好きなことに触れる時間を持ちましょう。

②運動をする
身体を動かすことで緊張がほぐれ、心身をリラックスさせることができます。
だるい、身体が重いといった時は、軽めに身体を動かすことから始めましょう。
オフィスでできるストレッチなどを取り入れてもいいですね。
 
③体のリズムを整える
5月の連休中は、4月までの疲れもあって睡眠時間が長くなり、結果として生活リズムの乱れにつながります。
休日もある程度決まった時間に起き、生活リズムを崩さないよう心掛けましょう。

④睡眠の質を高める
良い睡眠をとることは、心身の回復に大きな効果が期待できます。
深夜までの仕事や就寝前にスマートフォン利用はできるだけ避ける、就寝前にリラックス効果のある飲み物を飲む、快適な枕を使う、などの工夫をしてみましょう。

⑤話を聞いてもらう、悩みを打ち明ける
心の中で抱え込んでいるのではなく、外に向けて発散することでストレスが解消される場合があります。
同じような悩みを持つ人と悩みを共有すると「自分だけじゃないんだ」という気持ちになれるでしょう。
同僚や上司になかなか悩みを打ち明けられない、という場合は、会社のメンタルヘルスの窓口へ相談する方法や、公的機関の相談窓口を利用する方法もあります。

「五月病」に限らず、ストレスを適切に解消することは心の健康にとって大切なことです。
厚生労働省により2015年度に始まった「ストレスチェック」も、働く方のメンタルケアに有効な取組みです。
50名以下の事業場では義務化となっていないため、まだ実施していないという会社もありますが、コストを抑えて実施できるサービスもありますので、ぜひ検討してみましょう。

「ストレスチェック」についてはこちらの記事もおすすめです。

▼中小企業も取り組んでおきたいストレスチェックの進め方4ステップ!
https://soumukalabo.7card.jp/knowledge/article.php?a=1000090

▼中小企業も必要?働きやすい職場づくりのためのストレスチェックとは
https://soumukalabo.7card.jp/knowledge/article.php?a=1000034

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。
「五月病」は、新入社員に多いとされていますが、誰でもなる可能性がある症状です。
みなさんが管理や人事の担当をされているようでしたら、日頃から適切な社内コミュニケーションで社員のメンタルヘルスに気を配ると同時に、客観的な視点でケアに取り組める「ストレスチェック」を定期的に実施することを考えてみてはいかがでしょうか。

総務課ラボを運営する7office株式会社では、会社で働く方のために「ストレスチェックサービス」もご提供していますので、ぜひこちらも参考になさってください。
パソコンやスマートフォンから回答できますので、テレワーク時にも無理なく取り組むことができます。

▼従業員を守る健康経営 厚生労働省準拠「ストレスチェックサービス」
https://www.7mate.jp/stresscheck/


総務や管理部門のみなさんも、さまざまなストレスの中でお仕事をされていることでしょう。
「美味しいものを食べる」「映画をハシゴする」「ヨガをする」…など、みなさんに合ったストレス解消法を見つけて、ご自身のメンタルケアにもつとめてくださいね。