総務課の名刺担当者の方々は、これから作成する名刺の用紙の厚みについて、印刷会社に相談する方もいらっしゃるかと思います。
今回の記事では、デザインや紙質と並び、印象を左右する名刺用紙の厚みについて、基本知識や、厚手・薄手の名刺それぞれのメリット・デメリットと共に一般的な物、またおススメの名刺の厚さなどを紹介していきたいと思います!

1. 名刺用紙の厚みについての基本知識

印刷会社に作成の見積もり依頼をした際、見積仕様に厚みの単位が「mm(ミリ)」ではなく「kg」で表現している場合が多いかと思います。
なぜkgで表されるのでしょう?

紙の厚さを表す単位には、「連量(Kg)」・「坪量(g/m2)」・「紙厚(mm)」があります。
印刷会社などでは名刺の厚さを「連量(Kg)」で表します。

連量(れんりょう)とは四六判・菊判など、ある規定の寸法に仕上げられた「原紙」1,000枚のことを1連(1R)と呼びます。
連量とは1連の紙の重量のことをいい、単位はkgで表示します。
連量は紙の厚みを知るための参考ともなります。
製紙メーカーが印刷会社と取引する場合、大量に紙を取り扱うことが多いため、このような単位が使用されます。
たとえば四六判の1連の重量は、90kg、135kgなどと呼ばれ、区分けされます。
この数値が大きいほど、紙は重くなり、その分だけ厚くなるのです。
一般的に同じ種類の紙であると、連量が大きいほど厚紙になります。

※「原紙」とは、まだA4やB4などのサイズにカットされていない、製紙メーカーから仕入れたままの状態の“四六全判”などの大きなサイズの紙のこと。
日本の紙の原紙寸法は、JIS(日本工業規格)によって「A列本判」「B列本判」「四六判」「菊判」「ハトロン判」の5種類に定められています。

原紙の種類はさまざまですが、ほとんどが四六判か菊判のことを指していることが多いです。
原紙サイズが違えば連量も変わります。

同じ用紙を印刷会社ごとに比較する際には、「原紙名称(四六版・菊判など)」と、
「連量」の両方を確認しておきましょう。

2. 名刺に使われる一般的な厚みとは?

とはいえ、連量で表記されても、厚みのイメージがすぐつかない方が大半だと思います。
そこで数多くの種類がある用紙の中でも、一般的に名刺で使われているもののひとつである「上質系の用紙」で、名刺の厚みをご紹介いたします。

上質系の用紙はコピー用紙やノート、年賀ハガキなど仕事で多様な目的で使われており、
総務の皆さんもお手に取ったことはあると思いますのでイメージがしやすいかと思います。

• 厚さの表記に関しては、おおよそになりますので厳密な厚さではありません。
あらかじめご了承のほどお願いいたします。

用紙の種類:上質系 四六判
ごく一般的な名刺の厚さであれば、180kg、もしくは200kgになります。
参考にしていただき、印刷会社に問い合わせしてみましょう。

3. 名刺の厚みにこだわりを持つ理由

ビジネス名刺だからこそ、名刺の厚みにこだわりを持つ企業も多いかと思います。
それは名刺のデザイン同様、厚みでも相手への印象付けが変わるからです。
厚みのある名刺は、高級感や存在感があるため、シンプルなデザインでも堅実さが
出せますので、信頼をアピールしたい、重要な取引をする場合に選ばれています。
薄い名刺は、オシャレなデザインとセットにする事で、センスの良いイメージを
与えることもできるでしょう。
このように名刺の厚さは、名刺のデザインや記載内容と合わせて、相手に企業を
印象付けるためのスタイルの一つともいえます。

4. 厚手の名刺のメリット・デメリット

名刺はデザイン以外に紙の厚みでも相手の印象を大きく左右します。
ここでは厚手の名刺のメリットとデメリットをそれぞれ解説いたします。


■厚手の名刺の2つのメリット

① 信頼をしてもらいやすい
厚手の名刺は、手に持った時に重厚感に満ちた感触が伝わるため、「高級感がある」「品格がある」「堅実さ」「正義感」などの印象を与える事ができ、存在感があります。
不動産業や車のディーラーのような高額な商品を取り扱う方や、国家資格で専門性がある士業の方、また、企業経営者や会社役員の方に向いているでしょう。

② 耐久性に長けている
厚い名刺は耐久性に長けているため、名刺入れに入れておいても折れ曲がりを防ぎやすいため、長期間の保管に適しています。


■厚手の名刺の3つのデメリット

① 名刺入れにたくさん入らない
厚い名刺は耐久性に長けていて、折り曲がりを防ぎやすい事がメリットですが、展示会やイベントなど、多数の名刺交換が必要な時には、相応の容量のある名刺入れも用意しておかなければ、不足して相手にお渡し出来なくなり、ビジネスチャンスを逃してしまう事に繋がりかねません。


② 名刺入れが重くなる
厚みがある名刺をたくさん名刺入れに入れれば、当然重くもなります。
営業職で名刺を配る頻度が多い方は、持ち運びに負担がかかります。
毎日のようにフットワーク軽く動き回りたいのであれば、機能面でのストレスを感じるのはデメリットでしょう。


③ 厚みがあるが故の高級感が思わしくない印象に
厚い名刺の重厚感ある手触りは高級感を与えますが、同時に固い印象を与え、親しみを持たれにくくなる恐れもあります。
そのため、BtoCサービスのなかでもアパレルや大衆的な飲食業などは、厚みがある名刺ではお客様からのイメージと合わない印象を与えてしまうこともあります。
 

5. 薄手の名刺のメリット・デメリット

続いて、薄手の名刺のメリット、デメリットをそれぞれ解説いたします。

■薄手の名刺 3つのメリット

① センスの良さを発揮できる
薄手の名刺は、おしゃれ、斬新だと思われる効果があるのが特徴です。
名刺デザインとセットでセンスの良さを発揮できるため、デザイナーやアーティストなど、個性を活かしたい方におすすめです。
用紙もフィルムやトレシングペーパ素材のものだと、デザインに伴いオシャレな雰囲気をさらにアップできます。
取扱い素材についても、印刷会社に問い合わせしてみると良いでしょう。

② 名刺入れがかさばらない
たくさん名刺入れに保管しておけるということは、大きなメリットです。
急な来社や、偶然出会った方との連絡先交換においても、まず名刺さえあれば慌てる事なく、スムーズにビジネスへと展開できるでしょう。


③ 親近感を与える効果がある
軽量な手触りは、相手の警戒心を解く効果があります。
人間の五感に訴える、軽く・柔らかな印象を与えるため、親近感を持たせる一助になり得るでしょう。


■薄手の名刺 2つのデメリット

① デザイン次第では安上がりな印象になってしまう。
薄い名刺を作成する際はデザインに細心の注意を払わなくてはなりません。
ここを怠ると、単なる安上がりな名刺に見られてしまいます。
心理的に良くない印象を与えてしまい、名刺交換という最初の第一歩から、ビジネスに悪影響を及ぼしてしまっては本末転倒です。


② 耐久性がない
薄いということは、折り目がつきやすく、角も傷みやすいので、保管法・収納法にも気をつけなければなりません。
軽いから、とたくさん持ち歩けても、適切にしまっておかなければ、いざ大事な商談、という時に「折れ曲がった見栄えの悪い名刺ばかりで困った!」なんて事態に。
コスト的にも失敗となってしまうデメリットとなりますので、用紙の選択も考慮して決めましょう。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、「名刺の厚み」にフォーカスした内容をご紹介いたしました。
個々の好みはありますが、ビジネス名刺の観点で、ご自身の会社のイメージをよく
考慮し、用紙の厚みを選んでみてください。それにより相手に与える印象が大きく変わるからです。

総務課ラボでは、みなさまの名刺作成のお手伝いをさせて頂いております。
名刺印刷に関してご相談などございましたら、お気軽にお問合せください。

WEB発注管理名刺印刷サービス「7card(セブンカード)」