• HOME
  • 総務の豆知識
  • 名刺用紙にはどんな種類があるの?会社の名刺におすすめな用紙は?

1.名刺の用紙の種類

みなさんの会社では、名刺にどんな用紙を使っているでしょうか?
名刺は小さな紙片ですので、名刺交換がスムーズにでき、その後の保管もしやすいような用紙が適しています。
簡単に折れたりシワがついてしまうような用紙ではなく、しっかりした用紙を選びたいですね。

会社の名刺用紙としては、ハリがあり発色も良い白い用紙が用いられることが一般的ですが、これ以外にも少し薄めのクリーム色の用紙や、厚みのあるツルツルした用紙をご覧になったことがあるのではないでしょうか。
名刺用紙の種類には、白地の上質紙系統の用紙、ツヤのあるコート紙系統の用紙、原料や機能に特性のある特殊用紙などがあります。
それぞれの種類の代表的な用紙について、その特徴をお伝えいたします。

2.上質紙系の用紙

上質紙とは、化学パルプ100%を原料として製造された用紙で、高い白色度とサラサラとしたなめらかな手触りが特徴です。
みなさんが業務で使用することの多いコピー用紙も上質紙が用いられています。
筆記性に優れているので、記入用紙や申込用紙などでも使用されることが多く、ビジネスの場に限らず広く親しまれている紙といえるでしょう。

さまざまな厚みがある上質紙ですが、名刺に使用されるのはコピー用紙とは異なる、厚手の上質紙です。
上質紙には塗料が塗布されていないため、表面の光沢やツヤが少なく、印刷すると落ち着いた仕上がりとなります。
名刺用紙として最も多く目にする機会が多い用紙です。

白さが特徴の上質紙ですが、名刺として使われることが多い淡いクリーム色の用紙も上質紙の一種です。
名刺に使用される淡いクリーム色の上質紙には、紙の厚みが薄めの用紙もあります。
持ち運びや保管の際にかさばらず、あたたかみのある雰囲気が演出できることで人気のある用紙です。

3.コート紙系の用紙

コート紙とは、上質紙をベースにグロス系の塗料を塗布した用紙です。
ツルツルとしたツヤのある表面で、発色の良さが特徴です。
写真が発色良く印刷できることから、パンフレットやカタログ、ポスターやチラシなどに使用され、みなさんも日常的に触れることが多い用紙のひとつです。
みなさんの業務のうえでも、配布資料や社内掲示ポスターなどでコート紙を手にする機会があることでしょう。
名刺に使用されるコート紙は、チラシなどに使用されるものとは異なる厚手のものが用いられます。

名刺用紙としては、マット系の塗料を塗布した「マットコート紙」も多く使用されています。
光沢が抑えられているマットコート紙は、ほどよい発色性が特徴で、落ち着いた高級感を演出したい時におすすめな用紙です。
名刺に写真を入れたい場合は、きれいな発色のコート紙やマットコート紙が適しているといえるでしょう。

コート紙もマットコート紙も塗料を塗布しているため、ペンなどによる書き込みには不向きです。
名刺の裏にメモスペースがある、名刺に一言添えて渡したい、「新任ご挨拶」「謹賀新年」などの押印をする、という場合は、上質紙を選んでおくのがおすすめです。

4.特殊な用紙

「上質紙」「コート紙・マットコート紙」以外にも名刺として使用されることが多い用紙をいくつかご紹介します。

①バガス
サトウキビから砂糖を搾りとったカス(バガス)を利用した非木材を原料とするエコペーパーです。
白い用紙ですが真っ白ではなく、自然な色とラフな感触が特徴です。
かつては廃棄されるのみだったバガスを紙原料として利用することにより木材の使用量を減らすことができ、森林保護につながります。
FSC森林認証紙ですので、SDGsに取り組んでいる会社にもおすすめの用紙です。

②バナナペーパー
廃棄されるだけだったオーガニックバナナの茎から取ったバナナ繊維を原料とした用紙です。
日本の和紙漉きの技術を用いて作られており、表面にはバナナの茎の細かい繊維質が見え、少しクリーム色がかった和紙のような風合いが特徴です。
バナナペーパーは、SDGs全てのゴールにつながる流れとなるとして、日本初のフェアトレード認証されたサステナブル用紙です。
名刺交換の際の会話のきっかけにもなる注目の用紙です。

「バナナペーパー」については、総務課ラボの豆知識でもご紹介しています。
人にも環境にやさしい名刺とは?具体的な5つの用紙を含め徹底解説!


③抗菌用紙
ウイルスや菌を寄せ付けない抗菌性をもたせた用紙です。
より安心して安全に名刺交換できる用紙として開発された、比較的新しい名刺用紙です。
紙そのものに銀イオンなど抗菌性のある素材を配合した用紙や、抗菌性のあるコート剤をコーティングした用紙などがあります。
用紙の色は白か淡いクリーム色となっているので、ビジネス名刺としても使いやすいでしょう。
感染症対策として活用することはもちろん、会社の信頼感アップにも貢献できる名刺用紙です。

「抗菌用紙」については、総務課ラボの豆知識でもご紹介しています。
抗菌名刺で感染症対策!抗菌名刺のメリットと作成のポイントを解説!


ここまで3種類の用紙をご紹介しましたが、名刺用紙にはまだまだたくさんの種類があります。

・大礼紙
両面に花びらを散らしたような模様が入った優美で上品な和紙名刺です。
高級感のある用紙ですので、企業法人のトップの方や、日本文化に関わる仕事にあたられている方を中心に愛用されています。

・トレーシングペーパー
デザイン性の高い名刺を作成する際の用紙の候補のひとつのなるのがトレーシングペーパーです。
透ける特性を活かして色やデザインを工夫すると、他にはない存在感を発揮することができます。

・木の名刺
木と紙を貼り合わせた3層構造の名刺用紙です。
木の部分はひのきや杉、赤松など天然の木材が使用されています。
見た目のインパクトがあるため、名刺交換の話題づくりにもなる用紙です。

このほかにも、鏡面のような輝きのある用紙や、赤や黒などの濃い色の用紙、ザラザラとした手触りが特徴の用紙など、多くの種類の名刺用紙があります。
会社の事業内容や対外的に発信したいメッセージなどを考慮しながら、コスト面でも最適な用紙を選びたいですね。

5.名刺用紙の選び方

5.名刺用紙の選び方
では、会社の名刺用紙を選ぶときにはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

①スタンダートな用紙を選ぶ
個性的な用紙は名刺交換時の会話のきっかけづくりに効果的ですが、みなさんの会社の事業とマッチしていないと、名刺交換の相手の方を戸惑わせることになりかねません。
さらに、名刺の使用量が多い場合は、コストも用紙選定の重要な要素になります。
用紙の選定に迷う場合は、スタンダードな「上質紙」を選んでおくのがコスト面から見ても良いでしょう。

②用紙の色は白か淡いクリーム色を選ぶ
会社の名刺では、必要な情報を正確に伝えることが大切ですので、名刺に記載された文字が読みやすい色の用紙を選びましょう。
ロゴマークや各種の認証マークなどを名刺に記載したい場合は、正確な色再現のためにも白い用紙がおすすめです。
目にやさしい淡いクリーム色の用紙は、文字の記載量が多い名刺に適しているといえるでしょう。

③持ち運びに支障の無い用紙を選ぶ
名刺用紙として販売されているものは、名刺入れの出し入れもしやすく、用紙もしっかりとしているので、折れたりシワになったりという心配はほとんどありません。
持ち運びの際にかさばらず扱いやすい用紙を選びましょう。

会社の名刺を作成する際は、会社のイメージを損なうことなく、情報を正しくお伝えできる用紙を選ぶと良いでしょう。

6.まとめ

名刺の用紙の種類について、代表的な用紙「上質紙」「コート紙・マットコート紙」と、特殊な用紙をご紹介しました。
名刺は会社の公式文書として、最初にお客様や取引先の方の手に渡るものです。
名刺用紙は、みなさんの会社に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

また、総務課ラボでは、名刺印刷のお手伝いをしております。
・WEBから簡単に名刺の発注がしたい
・名刺の社内作成に手間がかかっている
・名刺のコストを削減したい
このような課題をお持ちの方は、せひお気軽にご相談ください。

WEB発注名刺印刷サービス「7card(セブンカード)」