• HOME
  • 総務の豆知識
  • すぐに実践できる感染症対策!従業員の健康チェックの方法とは?

すぐに実践できる感染症対策!従業員の健康チェックの方法とは?

すぐに実践できる感染症対策!従業員の健康チェックの方法とは?
新型コロナウイルスの感染拡大により、すべての企業において感染症対策が求められています。
そして、もはや一般的になった感染症対策などの健康管理は、たとえ新型コロナウイルスが収束に向かったとしても必要となるでしょう。
そこで今回は、感染症対策も含めた健康管理、健康チェックについてお伝えします。
 

1.求められる企業の感染症対策

新型コロナウイルスの感染が全国、全世界で拡大したことにより、感染症対策は必要不可欠となりました。
これまで飲食店や、食品製造業などを営んでいる企業では、当たり前のように出勤時の健康チェックなどを実施していたかもしれません。
しかし、もはや出勤時の体温チェックなどの健康管理は業種業界問わず求められるものとなっています。
このような感染症対策は、新型コロナウイルスが収束に向かったとしても継続して取り組まれていくでしょう。
新型コロナウイルスに限らず、インフルエンザウイルスなどでも同様の事態が起きないとは言い切れないからです。
「自社だけは感染症に従業員が感染するリスクはない」と考えている会社はないでしょう。
感染症対策をしっかりおこない、取り返しのつかない事態にならないようにしていく必要があります。
 

2.明日からできる感染症対策

では感染症対策のために、どのような施策が実施できるでしょうか。
すぐにでも取り組める施策として、出勤時の体調チェックがあります。
従業員の体温、体調、症状などを確認するようにしましょう。
「健康チェックシート」のようなものを用意し、出勤時に記入するなどのルールを決めておくと管理しやすいでしょう。
 
また、もし仮に微熱があったり、体調不良の方が発生した際に関するルールを決めておくことも効果的です。
・体温が37.5度以上である
・息苦しさや倦怠感を感じる
・咳などの症状が3日以上続いている

などの従業員の方に対しては、ヒアリングを行い病院へ行ってもらう。
そして受診後には診断結果を会社に共有してもらうなどの決まりを設けることで、クラスターが起きないように対策を行いましょう。
 

3.健康チェックの結果を管理する方法

3.健康チェックの結果を管理する方法
紙の健康チェックシートを活用して、従業員の健康管理を行うことも大切ですが、従業員数が多かったり、記入のために人が集まってしまったりなど、十分とは言えません。

可能であれば、健康チェックをオンラインで管理できるような体制を整えましょう。
スマートフォンなどで健康チェックができるようになれば、各自で自分の健康状態を管理できるようになります。
また、データを蓄積させることができるため、症状が出始めたのはいつかなどの情報を早期に発見することができます。
紙の健康チェックシートでは、従業員の数文、また記録した日数分のシートを管理する必要があるため、非常に手間となります。
そのような手間を省くためにも、健康チェックの結果に関してはデータで保持しておいた方が良いでしょう。
 
また、オンライン、デジタルツールを活用した健康チェックでは、通知を送るなどの機能を活用することもできます。
例えば、健康チェックで37.5度以上の熱がある、症状の有無にチェックが入った回答が送信された際に、総務担当者などの管理者に自動で通知が送られるような設定を行うなどの工夫が考えられます。

このように、デジタルの健康チェックツールを活用すれば、1枚1枚シートを確認することなく、早期に異変に気付くことができるため、工数削減のためにもおすすめです。
 

4.まとめ

いかがだったでしょうか?
感染症対策を含めた従業員の健康管理は、もはやどんな企業にとっても必須の取り組みであり、今後はより一般的になっていくでしょう。
健康管理を行っていない企業がアブノーマルになる時代がくるかもしれません。
そのような場合に備えるためにも、まだ健康管理に取り組んでいない企業は、導入を進めていきましょう。
 
総務課ラボでは、健康経営のために健康チェックを行うためのサービスを完全無料でご提供しています。
この健康チェックサービスは、スマートフォンなどで簡単にオンライン上で健康状態を記録することができ、体温が37.5度以上、または症状がある場合に自動で管理者の方にメール通知が送られる非常に便利なサービスです。

・健康管理の体制が整っていない
・紙の健康管理シートを活用しているが手間を感じている

といった総務担当者の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

スマホで簡単!無料の健康チェックツール