• HOME
  • 総務の豆知識
  • 抗菌名刺で感染症対策!抗菌名刺のメリットと作成のポイントを解説!
ビジネスシーンにおいて、初対面の方との挨拶の際に欠かせないツールが名刺です。
これまで当たり前のように交換してきた名刺ですが、感染症などの蔓延により名刺にも感染症対策が求められています。
そこでおすすめなのが「抗菌名刺」です。
今回は、抗菌名刺について解説していきます。

1.抗菌名刺とは?

抗菌名刺は、ウイルスや感染症などの対策が図られている名刺のことです。
抗菌材を用紙そのものに配合したり、抗菌剤で用紙をコーティングしたりなどの方法で作られるのが一般的です。
 
感染症の感染拡大により、これまでと生活様式は一変しています。
マスクやアルコール除菌などの個人レベルでの対策や、アクリル板の設置や入店制限などの企業レベルでの対策が求められています。
当然、感染症対策は名刺や封筒などの消耗品にも必要です。
特に、初対面の方との挨拶の際に手渡しで交換する名刺に関しては、抗菌名刺などの感染症対策が図られているものを活用したほうが、安心できますし相手にも好印象を与えることができるでしょう。
 
また、生活様式は変化しており、感染症対策への意識は今後も高いレベルで維持されていくでしょう。
そのため、抗菌加工が施されている名刺が今後は一般的になる可能性もあり、今から活用していくことは損にはならないことが予想されます。
 

2.どうやって抗菌されるの?

抗菌名刺を作成する場合は、大きく2つのパターンがあります。
 
①用紙を抗菌剤でコーティングする
②用紙そのものに抗菌剤を配合する

 
①の形式の場合、抗菌コート剤を名刺の両面に印刷してコーティングします。
コーティングすると言っても、用紙の厚みなどは変わらないため、普段お使いの名刺入れで全く問題ありません。
ただし、コーティングすることにより「ホワイト」の用紙を利用していた場合は、ホワイトより若干クリーム色がかるようになります。
 
②の形式の場合、既に抗菌剤が配合されている用紙に印刷を行います。
抗菌用紙の抗菌作用は印刷の際に、トナーが上から乗せられると薄れてしまいます。
(もちろん抗菌作用が無くなるわけではありません)
そのため、ベタ塗りなどトナー量の多い絵柄には向いていませんが、名刺ならさほど心配はいらないでしょう。
 
また、多くの場合、抗菌名刺の抗菌剤としては銀抗菌剤、銀イオン(Ag+)が活用されています。
銀イオンは、細菌・ウィルスなどに対して抗菌性があり、安全性が高く効果も半永久的に持続するため、衛生用品や日用品・家電製品などに幅広く使用されています。
プラスに帯電した銀イオンがマイナスに帯電した細菌・ウィルスに付着することで、菌の活動を封じ込め、菌の増殖を抑えることができるとされており、バクテリア及びインフルエンザウイルスA型に対して抗菌作用が認められています。
ただし、あくまでも「抗菌」作用があるだけですので、「除菌」や「殺菌」の効果は無いことは認識しておきましょう。
 

3.抗菌名刺のメリット

ここからは抗菌名刺を活用するメリットをご紹介します。
 
①名刺の感染症対策が図れる
一番のメリットは名刺の感染症対策が図れることです。
紙の名刺はほぼ対面で交換しますし、直接手渡しで交換することになります。
「ソーシャルディスタンス」「3密」「非対面」などの新たな生活様式において、そのような距離感で初対面の方とコミュニケーションをとる上で衛生管理を徹底することは非常に重要です。
また、今後はどんな消耗品でも感染症対策が求められるようになる可能性もあります。
今のうちから抗菌名刺を作成し、今後に備えておく方が良いでしょう。
 
②相手に安心感、好印象を与えることができる
名刺交換のタイミングは基本的には相手と初めて会った時です。
そして、初対面の相手に良い印象をもってもらうことは、ビジネスにおいて非常に重要です。
ですので、名刺を使って相手に好印象をもってもらえるようなアピールができれば、その後の関係性がより良いものとなっていくでしょう。
抗菌名刺を使って、衛生管理をしっかりしていることを伝えられれば、相手に安心感を与え、第一印象で好印象を与えることができます。
つまり、ビジネスを円滑に進めていくという点でも、抗菌名刺は効果を発揮してくれるでしょう。

4.抗菌名刺作成のポイント

《抗菌マーク例》
抗菌名刺を作成する際に押さえておきたいポイントは2つです。
 
①抗菌マークを名刺に載せる
抗菌名刺は、見た目は普通の名刺と同じであるため、伝えなければ抗菌作用があるということは伝わらないでしょう。
名刺そのものに抗菌作用があるのだから、それだけでも十分なのですが、せっかく抗菌名刺を作成したのであれば、それを渡す相手にも伝えて、安心してもらったほうが良いと言えます。
そのため、名刺の中に「抗菌マーク」を載せることで、抗菌名刺であることを伝えるようにしましょう。
 
②名刺のレイアウトを変更する
抗菌マークを名刺に追加したことによって、場合によっては名刺のレイアウトがずれてしまうことがあります。
名刺に載ってる内容が多くなり、読みにくくなってしまっては元も子もないので、抗菌マークを載せる際には事前に確認するようにしましょう。
また、抗菌マークを名刺に追加で載せる際に、レイアウト変更などで別途レイアウト変更料金などが発生してしまう場合もあります。
後々のトラブルを防ぐためにも、レイアウト変更にかかる料金を把握しておきましょう。
 
 

5.まとめ

いかがだったでしょうか?
ニューノーマルと言われる時代において消耗品の感染症対策は必要不可欠であり、それは名刺においても同様です。
衛生面の対策だけでなく、ビジネスをより良く進めていくためにも抗菌名刺を活用してみてはいかがでしょうか。

総務課ラボでは抗菌名刺の制作をお手伝いしております。
・抗菌名刺を作りたい
・抗菌名刺がどんなものかもっと知りたい
・現在抗菌名刺を使っているがコストが高い
といった方はぜひお気軽にご相談ください。

ビジネスをより良く進めるために!安全な銀イオンの抗菌名刺